いざという時に役に立つ!?キャッシングの豆知識:返済時の利息計算法

キャッシングは、少額融資のサービスですので一般的な個人の消費者が利用しやすいような法体系が整えられています。
利用する目的も何でもよく、例えばショッピングだけではなく単なる遊びにお金を使っても全くかまいません。
誰であっても利用することができるのが大きな魅力なのです。
ただし、一つだけ注意が必要になります。
それが、利息の計算なのです。
キャッシングの利息計算法は非常にわかりやすいものですが、上限ギリギリまで金利が設定されている場合には、常に元金に対して何%の金利が上乗せさせられているのかを理解しなくてはいけません。
利息計算法は非常に簡単です。
そもそも、利息とは一体何なのでしょうか。
利息というのは、金利を月の単位に換算したものですので、例えばキャッシングにおいて100万円の元金に金利が10%設定されているときには、10万円が一年分の利息の金額ということになります。
さらにわかりやすいことに、キャッシングの場合は法律によって後から勝手に利息を上乗せさせることができません。
これは、法律に実質年率で表記することが求められているからです。
全ての付加価値を加味して表示することが法律によって求められていますので、金融機関はそれに則ってお金を貸さなくてはいけないわけです。
これによって、キャッシングの利息計算法は非常に簡易化されています。
個人の消費者が安全にお金を借りることができるようになっているのが大きな魅力ですので、安心して利用できるわけです。