いざという時に役に立つ!?キャッシングの豆知識:いざという時のための過払い申請

キャッシングカードローンの過払い申請ですが、返済中に過払い申請したほうがよいのか、それとも全額完済してからはじめたほうがいいのか、どちらがお得かというと完済後のほうになります。それは、まだキャッシングカードローンの利用残高が残っている中で手続きをすると、そのことが信用情報機関に報告され情報が登録されてしまいます。また過払い金の交渉をして和解をするまでは、返済もストップするわけですから延滞にもなります。もし、過払いが認められなかったとなると延滞利息もついていますので返済が困難になることもあります。これが、完済した後であれば、過払い申請しても事故情報として信用情報機関に登録されません。また、法律事務所に依頼する場合も完済をしていれば着手金無料などで行ってくれるところも多いです。完済している場合は、時効があります。10年以上経過している場合は、過払い金請求をすることができませんので、注意が必要です。請求する場合は、手続きがはやいほうがいいです。取引していたキャッシング会社が、倒産してしまうとたとえ過払い金があったとしても過払い金の請求ができなくなってしまいます。また、キャッシング会社に過払い金の申請をしてそれが認められたからといてすぐには返還してくれません。返還のスケジュールがあるからです。特に銀行の傘下ではなく独立系のカードローン会社は、請求が認められてから1年後に返還ということもあります。そのためはやめに申請をすることです。