キャッシングサービスを提供している金融機関の種類:銀行系

キャッシングは銀行や消費者金融会社において契約することができます。
基本的に銀行や消費者金融会社は、他人にお金を貸して、その利息で儲けています。
よって、よりたくさんの人にお金を貸すことで、儲けることができます。
しかし、しっかりと返済できないなどお金が回収できないと、貸し手は赤字になります。
通常お金を貸す場合には、キャッシングの契約を結ぶ時に、厳正な審査をしてから、その審査を通過した場合のみキャッシングすることになっています。
しかし、この審査に通らないと貸すことはできません。
消費者金融会社はこの審査が早いことで知られていますが、年利が銀行よりも高いために、急いでいる場合以外は、銀行でキャッシングの契約を結ぶ方が損をしません。
しかも、消費者金融会社は、総量規制があるので、年収の3分の1以上に借りることができなくなっています。
銀行の場合は、その総量規制の対象外なので、3分の1以上借りることができます。
また、キャッシングの契約をすることには、更に裏技があります。
それは、大手銀行が運用している銀行系のキャッシングサービスのみを消費者金融会社が担当している場合があります。
この場合は、お得なことに、審査は消費者金融会社並みに早く済み、即日融資も可能です。
また、総量規制も対象外なので、年収の3分の1以上の額を借り入れることができます。
ただし、この金融機関は数が少なく限られているので、しっかりと下調べをしてから契約する必要があります。